海外で医療を受けたとき

イラスト

海外渡航中に急な病気でやむを得ず現地で治療を受けた場合、健保組合に申請手続きを行うことで、海外で支払った医療費の一部の払い戻しを受けることができます。

健康保険は、日本国内で治療を受けることを原則としているため、日本国内で治療を受けることが可能であるにもかかわらず、治療を目的として海外渡航し、療養を行った場合には、「海外療養費」は支給されません。また、日本国内で保険適用されていない医療行為等も支給の対象外となります。