家族を扶養から外すとき

被扶養者から外すときの手続き

ご家族が就職・死亡・収入の増加等により、被扶養者でなくなった場合には、「健康保険被扶養者(削除)異動届」にその方の「被保険者証」を添付し、各地区総務経由にて届出を行ってください(任意継続の方は、直接健保に提出してください)。

被扶養者に該当しなくなるとき

被扶養者となった方が、その後、生活・生計状況等が変化して、健康保険の被扶養者資格を失うことがあります。

被扶養者の認定条件からはずれた場合は、速やかに被扶養者から除く手続きをとらなければなりません。

例えばこんなとき(届出理由)

理由 内容
就職
収入オーバー
被扶養者が就職して、勤め先の健康保険に加入したり、収入が増えて被扶養者としての認定条件から外れた場合
失業給付受給開始 被扶養者が、雇用保険の失業給付受給開始になった場合
別居 被保険者と同居していなければ被扶養者として認められない人が、別居によって被扶養者から外れた場合
結婚 被扶養者が結婚して、結婚相手の被扶養者になった場合
離婚 配偶者と離婚して、被扶養者から外れた場合
死亡 被扶養者が死亡した場合
後期高齢者 被扶養者が75歳(一定の障害があると認定されたときは65歳以上75歳未満)になった場合
(健保組合の被扶養者資格を失い、後期高齢者医療制度の被保険者となります)

手続きを忘れた場合

扶養から外す手続きを怠って、誤って保険証を使用してしまった場合、その期間健保が負担した金額を返金していただくことになりますので、忘れずに手続きを行ってください。

被扶養者の削除日について

理由 削除日 提出期限
後期高齢者の場合 75歳の誕生日当日、又は65歳以上75歳未満で一定の障害があると認定を受けた日 原則5日以内
死亡した場合 死亡日の翌日 原則5日以内
上記以外の扶養削除の場合 健保の受理日 原則5日以内

注意事項

扶養から外れた方は、国民皆保険制度(全国民が必ずいずれかの公的医療保険に加入)により、他の被用者保険または国民健康保険に加入することになっています。
国民健康保険に加入するには「健康保険資格喪失証明書」が必要です。
「健康保険資格喪失証明書」が必要な方は、異動届の理由欄に「資格喪失証明書希望」と明記してください。

申請書類はこちら

被扶養者異動届 書類(PDF) 記入見本(PDF)

被扶養者から外す方の「被保険者証」を添付してください。

「被保険者証」を失くしてしまっている場合は、「被保険者証滅失届」を添付してください。

被保険者証滅失届 書類(PDF) 記入見本(PDF)