健康保険が効かないとき

健康保険の目的からはずれる場合

  1. けんか、泥酔、麻薬、または著しい不行跡で起こした病気やケガ
  2. 保険診療を受けている医師の指示に従わないで、治療を長びかせたり、悪化させたとき
  3. 詐欺や不正な行為で保険診療を受けようとしたとき
  4. 犯罪行為で病気やケガをしたとき

もし不正に給付を受けたときは、その分を追徴されるばかりでなく、あとの給付を一時制限されたり、場合によっては、違法行為となり処罰の対象になります。