費用の一部が公費負担される医療

健康保険では業務外の病気やケガの場合に療養の給付が行われますが、病気の種類や患者の条件によって、国や地方公共団体が医療費の全額あるいは一部を公費で負担する場合があります。

  1. 戦傷病者や原爆被爆者に対する医療のように国家補償的意味を持つ場合
  2. 感染症など社会防疫的意味を持つ場合
  3. 身体障害者への医療のような社会福祉的意味を持つ場合
  4. 企業活動に基づく公害病
  5. 難病の治療、研究を目的とする場合

詳細については、該当する病気の治療をうけたり、入院したりするときに、医師に相談してください。

公費負担

イラスト

公費負担医療に関しては、国の制度のほかにも都道府県・市区町村などの自治体の負担による医療給付も数多く行われています。主なものとしては、乳幼児・ひとり親家庭・障害者・特定の疾患などに対して、医療費の助成があります。助成内容などは都道府県・市区町村により異なりますので、詳細はお住まいの都道府県・市区町村の担当窓口にお問い合わせください。

公費による医療費助成を受けている方は、「医療受給者証」などのコピー(助成内容のわかるもの)を健康保険組合へ提出してください。